パワーストーンの知識

2つの石の相乗効果が幸せを呼ぶ
【組み合わせ10の心得】

パワーストーンんお組み合わせを楽しむためのポイント。
パワーストーンに難しい決まりごとはありません。
自由な発想で石たちとつき合い、神秘のエネルギーを体感して下さい。

1.悪い相性の組み合わせはない。
2.苦手な石を知っておく。
3.さまざまな石で試してみる。
4.エネルギーのバランスをとる
5.まずは軸になる石を選ぶ
6.何種類組み合わせても良い。
7.プレゼントなら色で選ぶ。
8.霊的な存在から組み合わせをチョイスする。
9.ライフスタイルに合わせて自由に
10.最終的には自分で決める。

<天然石の光沢について>
石は結晶や成分によって、光の反射の仕方に
違いがあります。この物理的な「光沢」の違いは、
大きく金属光沢と非金属光沢に分けられ、さらに
次の7種類に分類されています。

光沢の種類によっても、石のエネルギーの特色があります。
1.ダイアモンド光沢
2.ガラス光沢
3.真珠光沢
4.樹脂光沢
5.絹糸光沢
6.ろう光沢
7.金属光沢

<波動について>
人間には視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚の五感があります。
さらに五感を超えた超感覚である第六感を持っており、
本能や無意識からのメッセージを受け取ります。

日ごろ私たちは、少なからずこの第六感によって身を守ったり、
行動を起こしたりしているのです。

色とりどりのパワーストーンは、ほとんどの場合、
視覚によるカラー分類で語られます。

「○○色の石は○○の効果がある」という表現です。
これは非常にわかりやすく、明確な表現です。
人間に与えられる情報の80%は、視覚からだとされ、
また、色彩の人間に与える心理効果は、
科学的に分析されているからです。
 しかし、パワーーストーンを実際に手にした人の多くが、
色だけでなく、五感すべて、あるいは第六感によって、
石たちに魅了されます。

自然が生んだ特有の色は、パワーストーンの持ち味という
べきものですが、それ以外の質感も、きわめて強力な
インパクトを私たちの心に与えます。

 パワーストーンにおける質感とは、それぞれの石が持つ、
優雅さ、重々しさ、軽やかさ、冷たさ、あたたかさ、重圧さなどの、
様々な形容で表される、全体から出される印象のこと。
 その質感から生まれるインパクトが「波動」です。
質感が、波動を知るために欠かせない要素なのです。

 そしてこの波動こそが、実際にパワーストーンを手にしたときの神秘的な効果に
関係しています。石と石を組み合わせたとき、ぴったりと
おさまりがよく、心地よいのが、良い相性といえ、強力な波動を
発する組み合わせとなるでしょう。